日出の鱧食い祭り

鱧食い祭りメイン画像

日出の鱧について

鱧(はも)とは、ウナギの仲間の魚で、京都祇園祭で多く食されることから、京都ではお馴染みの食材。内陸にある京都では、海水魚である鱧を漁獲することはできないので、祇園祭の時期になると日本中の産地から輸送されます。

全国的に見ると、大分県も鱧の産地の1つで、日出町は県内でも有数の鱧(はも)の水揚量を誇ります。日出産の鱧は、生簀での「活かし込み」(低水温の生簀に数日間入れることで、消化器官の中をきれいにするのと同時に身を引き締める)を実施することにより、鱧に特有のクセがなく、非常に美味と評判です。

鱧には小骨が大変多く、「骨切り」という高度な調理技術を要することから、鱧料理を供する店は一般的にあまり多くはないのですが、日出町には鱧料理を食べられる店が多くあります。

日出のちりめん&しらすキャンペーン

chirimenmain

■食欲の秋にはこれ!今が一番美味しい秋ちりめん!

別府湾の自然の恵みである「しらす」。日出町では昔からしらす漁が盛んで、しらすを天日干しにして乾燥させた「ちりめん」は、町の特産品として全国に出荷されています。そんな日出町の「ちりめん&しらす」の美味しさを知っていただくために「日出のちりめん&しらすキャンペーン」を開催します。

産地でしか味わえない「生のしらす」や、ふんわり食感の「釜揚げしらす」も楽しめますよ!

■開催期間

2017年10月1日(日)~11月30日(木)

日出の鱧(はも)

04_湯引き

日出の美味なる鱧をご賞味ください

鱧(はも)とは、ウナギの仲間の魚で、京都祇園祭で多く食されることから、京都ではお馴染みの食材。内陸にある京都では、海水魚である鱧を漁獲することはできないので、祇園祭の時期になると日本中の産地から輸送されます。

全国的に見ると、大分県も鱧の産地の1つで、日出町は県内でも有数の鱧(はも)の水揚量を誇ります。日出産の鱧は、生簀での「活かし込み」(低水温の生簀に数日間入れることで、消化器官の中をきれいにするのと同時に身を引き締める)を実施することにより、鱧に特有のクセがなくなり、非常に美味と評判です。

日出の特選スイーツ

hiji-sweets

■日出のおすすめスイーツをご紹介

日出町では、本格的な和・洋菓子から地元産品にこだわった物まで、多種多様なスイーツが製造・販売されています。そのなかでも特にオススメのスイーツを厳選のうえご紹介しますので、ぜひ買い物におでかけください!

Beach Cafe 砂浜食堂

ooga-burger

 地元産の新鮮な魚介を使用した料理を楽しめるカフェレストラン

 糸ヶ浜海浜公園内にある、地元・大神で水揚げされた海産物を使用したイタリアンを楽しめるカフェレストラン。

 シェフおすすめの「大神フィッシュバーガー」や「魚介たっぷりシーフードピザ」、「釜揚げシラスのペペロンチーノ」など、海の恵みが詰まった美味しいメニューを取り揃えています。

 オープンテラス席もあり、糸ヶ浜の美しい海岸線を眺めながらお食事ができます。

城下かれいのランチが味わえるお店

城下かれい刺身

「天下の美味・城下かれい」のランチをお手頃に味わえるお店をご紹介しますので、城下町散策とあわせてぜひご利用ください。

※紹介しているメニューはランチタイム限定での提供です。※原則予約が必要ですが、人数によっては当日飛込でも対応可能なお店もありますので、各店舗へお問い合わせください。※城下かれい料理の提供期間は、概ね3~9月頃にかけてです(店舗によって異なります)。シーズン外にも提供可能な店舗もございます。※写真はイメージです。実際のものと異なる場合がありますのでご了承ください。