2017 市場感謝祭

大分県漁業協同組合日出支店では、日頃のご愛顧に2017.11.18 市場感謝祭 チラシ
感謝する催しとして「2017市場感謝祭」を開催いたします。

海洋科学高校生徒によるマグロの解体ショー、
お魚1000円以上お買い上げにつき500円の金券プレゼント
(先着140名様)など、お楽しみもあります。

皆様のご来場をお待ちしています。

日時:平成29年11月18日(土) 7:00~12:00
会場:日出町大神深江 大神魚市場

◆食事処オープン   7:00
◆魚市場競り開始   7:30
◆開会式       9:00
◆漁船クルージング  先着50名様
◆マグロ解体ショー   10:00
◆マグロ販売      10:30
◆閉会式        12:00
(続きを読む) »

石ころたちの動物園 秋の展示作品

「ストーンペインティング・ミュージアム 石ころたちの動物園」では季節や社会の
 話題に沿って展示替えをしております。

  ◆只今展示中の主な作品

・「秋の風景」  きのこ、葉っぱ、カボチャも石です

カボチャ&キツネ

カボチャ&キツネ

「秋の風景」 きのこ、葉っぱ、カボチャも石です

「秋の風景」  きのこ、葉っぱ、カボチャも石です

石ころキノコたちがたくさん!

石ころキノコたちがたくさん!

 


(続きを読む) »

日出の鱧食い祭り

鱧食い祭りメイン画像

日出の鱧について

鱧(はも)とは、ウナギの仲間の魚で、京都祇園祭で多く食されることから、京都ではお馴染みの食材。内陸にある京都では、海水魚である鱧を漁獲することはできないので、祇園祭の時期になると日本中の産地から輸送されます。

全国的に見ると、大分県も鱧の産地の1つで、日出町は県内でも有数の鱧(はも)の水揚量を誇ります。日出産の鱧は、生簀での「活かし込み」(低水温の生簀に数日間入れることで、消化器官の中をきれいにするのと同時に身を引き締める)を実施することにより、鱧に特有のクセがなく、非常に美味と評判です。

鱧には小骨が大変多く、「骨切り」という高度な調理技術を要することから、鱧料理を供する店は一般的にあまり多くはないのですが、日出町には鱧料理を食べられる店が多くあります。
(続きを読む) »

日出のちりめん&しらすキャンペーン

■食欲の秋にはこれ!今が一番美味しい秋ちりめん!

別府湾の自然の恵みである「しらす」。日出町では昔からしらす漁が盛んで、しらすを天日干しにして乾燥させた「ちりめん」は、町の特産品として全国に出荷されています。そんな日出町の「ちりめん&しらす」の美味しさを知っていただくために「日出のちりめん&しらすキャンペーン」を開催します。

産地でしか味わえない「生のしらす」や、ふんわり食感の「釜揚げしらす」も楽しめますよ!

開催期間

2017年10月1日(日)~11月30日(木)


(続きを読む) »

アサギマダラ休息地

❝旅する蝶❞の休息地 毎年秋に飛来01

豊岡法花寺(ほけじ)区には、毎年秋になると、アサギマダラの群れが飛来します。

アサギマダラとは、渡り鳥のように季節によって長距離を移動する習性を持つ蝶で、『旅する蝶』とも呼ばれます。フジバカマの花の蜜が好物。

大分県内では姫島村に毎年飛来することで知られていますが、法花寺里山保存会による地域でのフジバカマ植栽活動により、同地区にも飛来するようになりました。

飛来時期は10月初旬から11月初旬にかけてで、10月中旬が飛来のピーク。天気が良く、風のない日の10時から15時くらいにかけてが見ごろです。
(続きを読む) »

日出の鱧(はも)

日出の美味なる鱧をご賞味ください

鱧の湯引き鱧(はも)とは、ウナギの仲間の魚で、京都祇園祭で多く食されることから、京都ではお馴染みの食材。内陸にある京都では、海水魚である鱧を漁獲することはできないので、祇園祭の時期になると日本中の産地から輸送されます。

全国的に見ると、大分県も鱧の産地の1つで、日出町は県内でも有数の鱧(はも)の水揚量を誇ります。日出産の鱧は、生簀での「活かし込み」(低水温の生簀に数日間入れることで、消化器官の中をきれいにするのと同時に身を引き締める)を実施することにより、鱧に特有のクセがなくなり、非常に美味と評判です。
(続きを読む) »