花の木美術館

 大神の小さな美術館

 日出町出身の画家・佐藤俊造氏の作品を展示している美術館。佐藤氏が生前に描いた絵画をはじめとする作品およそ200点を収蔵しており、テーマに沿った展示会が随時開催されています。

開工房

【繊細なつげ細工の工房】

 木彫家・安藤光平氏の工房で、つげ、紫檀や黒檀などの堅木を素材にした木彫作品を製作しています。工房内ギャラリーでは、作品の展示・販売も行っており、大分県内では一般販売していないため、作品を実際に手に取って見ることができるのはここだけ。

 ブローチや帯留めなどのアクセサリーから、イヤリング、ネックレス、髪飾りなどの製作も手掛けています。

木彫工房 こだち

【美術展にも出展された木彫作品の数々】

 木彫作家・藤本喜代子さんの工房&ギャラリー。自宅を兼ねるギャラリーでは、小物から家具まで豊富な種類の木彫作品が展示・販売されています。展示されている作品の中には県美術展に出展された物も。

 工房は別府湾を望む高台にあるため、絶景もあわせて楽しめます。訪れる際は事前に工房までご連絡を。

日出焼 藤原窯

【城下かれいをデザインした陶芸品】

 日出町の特産品である城下かれいを大胆に取入れたデザイン。

 小さなかれいを湯呑みやぐい呑みの底にあしらった作品は、お茶やお酒の中でかれいが泳ぐように見えるユニークな逸品。かれい型のお皿や徳利、コーヒーカップ、ビアジョッキなどもあり、お土産品として親しまれています。

 工房では、約2時間の体験教室、自分のペースで楽しめる陶芸教室も開催しています。

二階堂美術館

二階堂美術館

 二階堂コレクションを展示した日本画専門美術館

「大分むぎ焼酎二階堂」で全国的に有名な二階堂酒造が、代々受け継いだ日本画を一般公開しようと、1994年に設立した日本画の美術館です。

 横山大観、川合玉堂、上村松園など、近代日本画壇を担った画家たちの作品が展示されており、四季にあわせて定期的に開かれるテーマ別の企画展はとても見応えがあります。

石ころたちの動物園

 個性豊かな動物を石で表現したミュージアム

 どこにでも転がっている石ころを素材として、その形と表情から色々な動物の姿を創造し、ペインティングして表現するのが『ストーン・ペインティング』。

 ストーンペインティング作家・阿部いずみさんは、個性豊かな動物たちを表現し、動物たちを取り巻く自然や環境にもメッセージを送っています。常時300点の作品を展示しており、屋外庭園でも様々な石ころたちの動物が訪れる人を楽しませてくれます。