ホーム >  観る・知る > お寺・神社 > 横津神社

横津神社


横津神社名君三代藩主・木下俊長が祭神】

 町の北側の城山に町を見下ろすように建っている横津神社の祭神は、名君の誉れ高い日出藩三代藩主・木下俊長(としなが)です。俊長は69歳で没する前日に遺言を残し、遺体を横津に葬り儒葬で行うよう言い渡したそうです。

 このお墓は明治3年まで横津御廟といわれ、それ以後は神社とされました。干ばつの年に横津神社に雨乞いの願を懸けると必ず雨が降ったという言い伝えが残っています。

[場所]大分県速見郡日出町藤原
[アクセス]日出ICより車で10分

[駐車場]境内入口(数台程度)