ホーム >  観る・知る > お寺・神社 > 八津島神社

八津島神社


八津島神社 津島の鎮守の社

 八津島(やつしま)神社は、由緒記によると天平6年(734)、津島掃部大輔宇佐高春が守護神として建立したのではないかと推測されます。境内には、当時をしのばせる石畳の参道、大友宗麟が寄進したといわれる二の鳥居があります。

 古い歴史をもつ神社だけに祭りも古来より盛大に催されており、現在も10月の秋季例大祭の日には日出の伝統芸能である津島神楽辻間楽が奉納されています。

[場所]大分県速見郡日出町豊岡5414
[アクセス]国道10号線小浦交差点より旧道方面へ5分

[駐車場]参道周辺(数台程度)