ホーム >  観る・知る > お寺・神社 > 浮嶋八幡神社

浮嶋八幡神社


【大友氏とゆかりの深い神社仁王像①

 浮嶋(うきしま)八幡神社は、建久9年(1198)相模国鶴ヶ岡八幡宮から勧請したといわれています。暦仁元年(1238)に大友氏2代目当主・大友親秀が神社を修復し、建治3年(1277)には3代目当主・大友頼泰が造りかえるなど大友氏とゆかりの深い神社です。

 神社には、弥生時代の鉄戈と考えられる鉄製クリス型鉄剣【町有形文化財】、室町時代に製作された「あまたご」と呼ばれる神事面【町有形民俗文化財】など宝物が納められています。 また、境内の隅に元文2年(1737)に製作された、どこか親しみを感じさせる風変わりな仁王像があります。

浮嶋八幡社

浮嶋八幡社

仁王像②

仁王像

[場所]大分県速見郡日出町真那井
[アクセス]国道213号線大神駅前交差点を南へ5分

[駐車場]境内(数台程度)

 


より大きな地図で 浮嶋八幡神社 を表示