ホーム >  観る・知る > お寺・神社 > 遠見稲荷神社

遠見稲荷神社


 日出藩時代の見張り所

 遠見稲荷(とおみいなり)神社は、日出町真那井の遠見山(115メートル)に鎮座し、日出城鬼門にあった青柳稲荷を遷座したのが始まりとされています。

 参勤交代に出発する日出藩主・木下公の船旅の安全を祈り、また、別府湾から周防灘まで見渡せたことから藩の見張り所でもありました。

 明治10年には京都伏見稲荷の分身を祭る拝殿が建立されました。拝殿の裏手に回る参道を行くと、白キツネが住んでいたとされる穴や、白キツネを祭った社などを見ることができます。

 

[アクセス]日出ICより車で15分
[駐車場]参道入口に15台程度