ホーム >  観る・知る > 歴史的建造物・遺跡 > 早水台遺跡

早水台遺跡


早水台遺跡【日本・朝鮮半島で最大最古の遺跡

 昭和24年、日出町川崎で発見された最古の遺跡。1960年代に県教委や東北大学などが調査を開始し、出土した土器などから縄文時代早期(約8000年前)の大集落の遺跡であることが分かりました。

 その後、その下の層から旧石器時代のものとされる石器が見つかったことで、さらに幾度もの調査が行われ、石器の年代認定をめぐる論争も起こりました。

 遺跡のあった場所は、現在はミカン畑になっており、石碑が示すのみとなっています。

[場所]大分県速見郡日出町川崎
[アクセス]日出ICより車で5分

[駐車場]無し

 


より大きな地図で 早水台遺跡 を表示