ホーム >  観る・知る > お寺・神社 > 大山積神社

大山積神社


 豊後森藩久留島家の由緒ある神社大山積神社の石垣

 大化4年(647)、村主の夢の中で丁字庵の山腹に神火が現れ、村人と一緒にその方向に行ってみると巨大な石があったため、その下に祠を建てて産土神とし石権現と呼ぶようになったといわれています。

 本殿の後ろに見る者を圧倒する巨石があり、御神体として祀られていいます。その巨石には馬の足跡のような大小無数の穴があり、心霊が白馬に乗って降り立ったという伝説が残されています。

 江戸時代、神社は森藩久留島家の領地となり、鳥居が建てられ、境内にある城壁を彷彿させる見事な造りの石垣は、寛政年間に久留島家の援助のもと3年がかりで改修されたといわれています。

 

[場所]大分県速見郡日出町豊岡
[アクセス]国道10号線小浦交差点より旧道方面へ5分

[駐車場]参道入口付近(数台程度)