ホーム >  観る・知る > 城下町日出 > 鬼門櫓

鬼門櫓(きもんやぐら)


 全国でも稀な北東隅を欠く櫓復元された鬼門櫓

 日出城の中でも特異な外観を持っていたのが、本丸の北東側に位置していたこの櫓。鬼門(北東)の方角の隅を欠いているのが大きな特徴です。

 これは鬼門の隅を無くしてしまうことで、鬼門の方角から禍が侵入するのを封じ込めるために施されたものと考えられます。日出城に建っていた頃は下の石垣まで隅を欠いていたといわれています。

 明治期の取り壊しを免れ、仁王の中村家屋敷内に移築されていましたが、平成21年に中村家より譲り受け、解体・調査を実施し保存。平成22年より2年をかけ復元工事を行い、平成25年3月18日完成しました。

 このような鬼門封じを施した櫓は全国でも稀で、貴重な歴史的建造物といえます。

 

鬼門櫓の内部(櫓に関する資料を展示)
DSCN4191 DSCN4195  

[電話]0977-72-6100(日出町歴史資料館)
[場所]大分県速見郡日出町2606番地1
[開館時間]9:00~17:00
[入場料]無料
[定休日]月曜日(祝日の場合は営業、その翌平日休館)
[アクセス]JR暘谷駅より徒歩5分/日出ICより車で5分
[駐車場]17台(隣接の歴史資料館駐車場)
※大型バスは二の丸館駐車場をご利用ください。