ホーム >  観る・知る > 城下町日出 > 日出町歴史資料館・帆足萬里記念館

日出町歴史資料館・帆足萬里記念館


 古代~近代までの資料が展示されている歴史資料館日出町歴史資料館

 日出町の旧萬里図書館跡地に「日出町歴史資料館」がオープンしました。同館内には「帆足萬里記念館」を併設しており、町の偉人・帆足萬里(ほあしばんり)に関する資料をはじめとする多くの歴史資料が収蔵・展示されており、日出町の歴史をより深く知ることができます。

 帆足萬里(1778~1852)は、国東の三浦梅園、日田の廣瀬淡窓とあわせて「豊後の三賢」と称され、江戸時代後期に儒学者・政治家として大いに手腕をふるった偉人です。萬里は多くの門下生を持ち、優秀な人材を育てたことから、日出町の文教のシンボル的存在でもあります。

 現在、資料館では、日出藩主・木下氏が豊臣秀吉より拝領された「豊臣印章」や、帆足萬里の著作の写本、縄文時代の遺跡である早水台(そうずだい)遺跡の出土品など、日出町の歴史資料を多数展示しています。展示品については、今後、数を増やしていく予定ですので、日出町へお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

歴史資料館2  歴史資料館3

[電話]0977-72-6100
[場所]大分県速見郡日出町2602‐2(旧萬里図書館跡地)
[開館時間]9:00~17:00
[休館日]月曜日(※祝日の場合は営業、翌平日休館)
[入館料]無料
[駐車場]17台(※大型バスは二の丸館駐車場をご利用ください)

[HP]http://www.town.hiji.oita.jp/page/history-museum.html

※同館は2016年1月12日に開館いたしました。
※平成28年10月1日~改修工事のため一時休館いたします。(※営業再開日は未定)