ホーム >  観る・知る > 城下町日出 > 日出殉教公園・日出藩成敗場跡地

日出殉教公園・日出藩成敗場跡地


 日出町に伝わる父子殉教の歴史・日出町史跡

 日出藩成敗場跡地は、旧日出藩時代の罪人処刑場跡地で、供養塔が建てられている史跡。供養塔は11代藩主・木下俊懋が松屋寺住職大蓮和尚に命じて寛政11年(1799)に建立したものといわれます。

 元和10年(1619)、家老職であったキリシタンの加賀山半左衛門が初代藩主・木下延俊より棄教を命ぜられたが、それに従わずこの地にて殉教し、その息子ディエゴ(当時5歳)も父を追ってこの地で殉教しました。

 平成19年10月、加賀山半左衛門親子が福者に列せられたことを記念し、この成敗場跡地に隣接して『日出殉教公園』がカトリック大分教区により建設されました。また、同年10月7日には、松屋寺・カトリック大分教区による宗教を超えた異例の合同慰霊祭も行われました。

日出殉教公園

日出藩成敗場跡地

日出藩成敗場跡地

[場所]大分県速見郡日出町豊岡5993‐7
[アクセス]JR豊岡駅より徒歩30分
日出ICより車で10分
[駐車場]隣接の「峰の後お休み処」駐車場を利用可(※大型バスは1台程度なら可)

加賀山半左衛門父子について(カトリック大分教会のHP)