ホーム >  観る・知る > 歴史的建造物・遺跡 > 安養寺古墳

安養寺古墳


安養寺古墳【横穴式石室を持つ古墳

 主体部に横穴式石室を持つ6世紀後半の古墳で、藤原・大神地域の有力者のものと推定されています。明治17年(1884)に付近の子供が塚の上で遊んでいるときに発見し、それ以来地区の人々により地蔵尊などが安置され、通称『穴観音』または『穴様』と呼ばれています。

 古墳には大樹がそびえ、とても神秘的な雰囲気を醸し出しています。日出町の「パワースポット」といえるかもしれません。

[場所]大分県速見郡日出町藤原
[アクセス]日出ICより車で1分

[駐車場]無し

 


より大きな地図で 安養寺古墳 を表示