つげ細工の緻密で繊細な彫刻美の世界

安藤光平  つげのアクセサリーと漆の器の魅力に迫る

祖父の故安藤一平が創始者であるつげ細工は大分にしかない伝統的手工芸です。 その技術を受け継ぎ、つげの特長を生かした緻密で繊細な彫刻でオリジナルデザインのアクセサリーを創っています。写実的で立体感のある表現や、透かし彫りは、他の素材では出来ない唯一のもの。ギャラリーオーナーと過ごす茶話会で、その奥深い魅力に迫ります。

美しい彫刻の作品を手に取ってご覧ください

安藤 幸子

花の木美術館の管理人
ギャラリー開工房
つげのアクセサリーとしては日本唯一の工房を開いています。「丁寧なものづくり」をテーマに木の特長を最大限に引き出したデザインを練り、仕上げまでの全工程を一 人で担い主に一点物の作品を手掛けています。

日時 11月12日(土)、11月13日(日)、11月19日(土)、11月20日(日)、11月23日(水・祝)
①午前の部 10:00~11:00
②午後の部 14:00~15:00
料金 500円(お茶付き)
準備するもの  
定員 各5名
集合場所または会場 ギャラリー  開工房  日出町大神6174-10
TEL  0977-77-1980  P 5台
予約・問い合わせ ギャラリー 開工房  TEL 0977-77-1980 ※前日まで要予約