竹工芸にふれる

小さな竹のバスケットづくり

静かな別府湾を僅かに眺む小さな工房で、六つ目という基本的な編み方で小さなバスケットを作ってみませんか?出来上がりは、花籠として、またちょっとした物を入れて、日常の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか? 体験した後は、城下海岸を散歩しリラックスしたり、城址めぐりをされても。。。

竹に触れたことのない方も
安心してご参加下さい!

安部 仁美

大分県唯一の伝統工芸品でもある竹工芸を学ぶため、Uターンし、この日出町で制作しています。九州産の真竹を使い、ひご作りから仕上げまで手作業で行います。伝統的な花籠やバッグ、また日常に遊びのエッセンスを加えるようなものを思い描きながら制作しています。

日時 11月3日(木・祝)、11月5日(土)
13:00~16:00
料金 3,800円
準備するもの 編む際に竹ひごに霧吹きで水をかけます。お持ちであればエプロンを、もしくは多少汚れてもよい服装でご参加下さい。
定員 3〜4名名
集合場所または会場 日出町豊岡33-1 TEL 090-5507-7106 P 3台
※場所の詳細は、予約時にお伝え致します。
予約・問い合わせ 安部 仁美 TEL 090-5507-7106 ※5日前までの予約が必要