ホーム >  食べる > ハモ料理 > 日出の鱧(はも)

日出の鱧(はも)


日出の美味なる鱧をご賞味ください

鱧の湯引き鱧(はも)とは、ウナギの仲間の魚で、京都祇園祭で多く食されることから、京都ではお馴染みの食材。内陸にある京都では、海水魚である鱧を漁獲することはできないので、祇園祭の時期になると日本中の産地から輸送されます。

全国的に見ると、大分県も鱧の産地の1つで、日出町は県内でも有数の鱧(はも)の水揚量を誇ります。日出産の鱧は、生簀での「活かし込み」(低水温の生簀に数日間入れることで、消化器官の中をきれいにするのと同時に身を引き締める)を実施することにより、鱧に特有のクセがなくなり、非常に美味と評判です。

鱧には小骨が大変多く、「骨切り」という高度な調理技術を要することから、鱧料理を供する店は一般的にあまり多くはないのですが、日出町には鱧料理を食べられる店が多くあります。

一般的に鱧の旬は、産卵前の6月~7月頃、産卵を終えて再び脂がのる10月~11月頃といわれています。京都祇園祭のイメージにより、鱧は夏の食材と思われがちですが、秋の鱧もまた大変美味であることはあまり知られていません。

秋の鱧は「落ち鱧」「金鱧」とも呼ばれ、この時季の鱧は脂の濃厚な旨味を楽しめます。

日出の鱧 鱧の骨切り

 

産地ならではの美味しい鱧料理

近年では「地産地消」が進められており、町内でも手軽に鱧を味わうことができるようになりました。鱧といえば、湯引きにしてあっさりといただくのが王道ですが、フライや焼き物にしてみたりなど、様々な調理法で味わえます。

町内の飲食店で味わうことができるほか、深江の朝市では「骨切り」済みの切身の販売も行っていますので、ぜひご利用されてはいかがですか?

町内の飲食店では、概ね6月~11月頃くらいの期間を通して料理店で鱧料理が出されます(提供期間は店舗によって異なります)。

産地ならではの新鮮で美味しい鱧料理をぜひ味わってみてください。

鱧のフライ 鱧の塩焼き

 

日出の鱧を食べられるお店一覧

以下の画像をクリックしてください。