ホーム >  食べる > ハモ料理 > 日出の鱧(ハモ)

日出の鱧(ハモ)


 日出のもうひとつの美味・ハモ

 日出町は、県内でも有数のハモ(鱧)の水揚量を誇る産地であり、高級食材として全国に出荷されています。

 日出町では、水揚げされたハモを生簀(いけす)に3日間入れる「活かしこみ」を行っています。生簀にいる間にハモは胃の中がきれいになるので、特有のくさみが抜け、味がとても良くなります。さらに、生簀の水温を低く設定しているため、身もよく引き締まります。

 この「活かしこみ」が日出産ハモの美味しさの秘密です。

活かしこみ ハモ

 近年では「地産地消」が進められており、町内でも手軽に鱧を味わうことができるようになりました。ハモといえば、湯引きにしてあっさりといただくのが王道ですが、フライや焼き物にしてみたりなど、日出では様々な調理法が試みられています。

 町内の各飲食店で味わうことができるほか、深江の朝市では「骨切り」済みの切身の販売も行っていますので、ぜひご利用されてはいかがですか?

ハモの飯蒸し 的山荘の鱧御膳

「日出の鱧」は7月から11月くらいにかけてがシーズンです。
毎年7月には「日出ハモまつり」が開催されます。

町内でハモ料理を食べることができるお店