ホーム >  観る・知る > 特産品 > 豊後別府湾ちりめん(しらす)

豊後別府湾ちりめん(しらす)


 別府湾がはぐくむ自然の恵み生ちりめん

 別府湾の自然の恵みである「しらす」。日出町では昔からしらす漁が盛んで、しらすを天日干しにして乾燥させた「ちりめん」は、高級ブランド「豊後別府湾ちりめん」として全国に出荷されています。

 しらすは傷みやすく、水揚げされたらすぐに釜で茹でるため、湾岸には加工工場が建ち並んでいます。ちりめん干しの季節になると、港近くではしらすが一面に敷き詰められ、その白い絨毯のような風景は日出の夏の風物詩です。

しらす漁の様子 ちりめん天日干し

  天日干しをする前の茹でられた状態の「しらす」は「釜揚げしらす」と呼ばれ、「ちりめん」とは異なり、ふっくらとした食感を楽しむことができます 。「釜揚げしらす」のオススメの食べ方が、ご飯の上に豪快にぶっかけていただく「しらす丼」。日出町内ではこの「しらす丼」を供するお店があるほか、漁師直送の新鮮な「釜揚げしらす」を販売するお店もあります。

しらす丼 11_ninomaruyakata